田んぼトラスト2017/籾ふり(2017年5月3日)

0

    GW後半初日の5月3日、今年も田んぼの活動が始まりました〜!

     

    籾ふり作業。お米の種まきです。

     

    品種は今年もコシヒカリ、やっぱり美味しいですもんね♪

    この日のために用意しておいた種もみは、昨年収獲したお米から塩水選でよりすぐった選抜選手たちです。


    去年までは苗床に直播きでしたが、苗取りが大変なのと、野ネズミの食害があるので今年は苗箱に種まきしました。

     

    床土を箱に詰めてからたっぷり潅水して、種もみを手でまきました。

     

    丁寧にまんべんなく均一になるように。

     

    ここからがお米の命の始まりです!

     

     

    ちびっこたちはいつの間にか土木工事に夢中です(;^ω^)

    水路から水を汲んで水を流して水路を作ってました。

     

    そんなことをしていたら田んぼからザリガニが出てきて大喜び(^^)

     

    作業の後は近くの公園でピクニック。

    本日も持ち寄りご飯の優雅なランチです。

     

    摘んできた野草で天ぷらも。

     

    お腹いっぱい、ごちそう様でした〜。

    超農繁期の日々ですが、おかげさまでちょっぴりGWなひとときを楽しめました。

    皆さん来てくださってありがとうございました〜!

     

     


    2016年田んぼトラスト始まりました(^^♪

    0

      今年も始まりました!ぐるぐる田んぼトラストのお米作り〜米

      え、何をいまさら…とっくに始まってるじゃぁないのってびっくり

       

      …はい、すみませんm(__)m 

      ご存知の通り、GWに種籾ふりをし、6月中旬に田植えを無事終了しております。

      が、ブログでのご報告がすっかり遅くなり申し訳ありません汗

       

      今更ではありますが、まとめてご報告びっくり

      そして今日(6月29日)現在の田んぼの様子などお伝えしますカメラ

       

      5月3日:種もみまき

       

      6月11日、12日、19日:不耕起田んぼの田植え

      3日間でようやく不耕起の田んぼ一枚の田植えを終えることができました〜ほっ

      大人約50人、子ども約25人のみなさんがご参加くださいました。

      どうもありがとうございました&おつかれさまでした!お礼

       

      11日、12日の田植えは雨も降らない日が続いていた上に、田んぼに水を引く農業用水路の水漏れでカラっからに乾いたカチカチの田んぼに苗を植えるという強行作業でしたね。本当に骨の折れる作業でした涙

       

      まず前々日の9日に草刈りをして準備をしておきました。

      草ボーボーです。とても田んぼとは思えません草

      草刈り後…

       

      そして田植え当日…

      一列になって植えていきますが、土がか、かたいっっ

      移植ごてでないと穴が掘れません汗

      こちらは苗取りの様子です。例年に比べると細かったですね。

      こちらは虫採り、カエル採りに忙しい子どもたちカエルザリガニ

      田んぼにジョウロで水をまきながら田植えをするという状態…ジョウロ

      水タンクは乗り物に冷や汗

      夕方遅くまで残ってくださった方もおり、おかげさまで終了しました。拍手

      良く見えませんが…苗

       

      6月29日現在の様子

      今日もあまり水が入ってませんが、このところ雨の日が多いので潤ってます。

      10センチほどだった苗もすでに23センチ程度まで育ってます。

      こちらは代かき田んぼ。手植えはできなかったので、田植機で植えました。

       

       

      次回は草取りです!

      7月10日、17日、24日(日)に行いますので、ぜひご協力お願いします!

      草取り次第でお米の育ちが大きく違ってきますので…。

      お待ちしております!

       

       

       

       

       

       

       


      初めての米麹づくり!

      0
        昨年の秋に採れたイセヒカリ稲
        このイセヒカリを使って、初めての麹づくりに挑戦しましたびっくり
        期間は3月3日(木)〜6日(日)です。

        以下その工程や様子をお伝えしたいと思いますカメラ

        ,米を研いで浸水させるうちわ
        今回は4キロのお米を仕込みました。
        鍋に入れてたっぷりの水で約24時間浸水させます。
        (春、秋は約12時間、夏は約8時間)

        △米をざるに上げる
        浸水開始から約24時間後…
        ざるに上げてしっかり水を切ります。
        ざるに上げた状態で、少なくとも3時間、今回は6時間ほど置いておきました。
        ここでしっかり水が切れていないと、よい米麹にならないそうです。


        お米を蒸す
        強火で約40分、お米を蒸します。


        ぜ鏐蹐鮑ぜる(種付け)
        こちらが麹菌↓
        4キロのお米に対し4グラムの種麹を混ぜます。


        お米を蒸し器から出し、うちわで熱を飛ばしながら広げて冷ましますうちわ
        注意:50度以上だと種麹が死んでしまい、30度以下だとその後なかなか温度が上がらないため、混ぜるタイミングが大事!
        冷めてきたら、手早く種麹をまんべんなくお米に混ぜます。


        ス躓,縫札奪箸垢襦弊垢蟾み、床寝せ)
        30度以下にならないうちに、ビニールに入れたまま麹機にセットします。
        こちらが麹機↓

        真ん中に温度計を差し込み、蓋をかぶせてセット。

        見えないですが、スタート31度くらいだったと思います(^_^;)


        Γ渦麑椶寮擇衒屬掘兵蠧れ/通風製麹)
        約20時間程度で、温度が33度〜35度に上昇してきます。
        だんだんと麹の香りが漂ってきましたにこにこ
        その時点で1回目の切り返しを行います。
        この際ビニールは取り除き、また麹機の箱の底にある「床寝せ板」もとりはずし、通風ができる状態にして、再度お米を入れます。
        ここから通風製麹が開始します。


        2回目の切り返し
        1回目の切り返しから6時間前後で、2回目の切り返しを手早く行います。
        このころになると、温度が36度を超えると自動的に冷却送風がか働き、温度が下がるとまた保温を繰り返し、麹機内が一定の温度に保たれてきます。

        ┰侏茲△り!!
        盛り込み後、40〜50時間で製麹が完了となります。


        米を研ぐところから入れて4日目、ぐるぐる麹がやっとできあがりましたびっくり拍手

        種麹を扱っているかわしまやさんのHPを拝見すると、以下のようなものがよい麹だそうです。
        ・色:麹の色は純白。米粒の表面に麹菌がよく繁殖し、かつ米粒の内部にも麹菌が食い込んでいる。
        ・触感:手で握るとやわらかく弾力感があり、かつ固まらずにばらばらにほぐれる。
        ・重さ:麹の重量が元々の白米のおよそ20%増になっている(増加した分が菌の重さです。)
            20%をこえると水分過多。10%以下だと水分過少となって、あまりいい麹ではなくなる。
        ・味:麹をかむと栗のような特有の芳香がある。甘く感じるものは水分が多すぎる麹で、すで
           に糖化が始まっている証拠です。




         

        稲刈り!

        0
          ブログでのご報告がすっかり遅くなり申し訳ありませんぺこり

          9月20日(日)と21日(月・祝)はぐるぐるトラスト田んぼの稲刈りでした稲
          天気は絶好の稲刈り日和太陽!!
          今年もたくさんのトラストメンバーの方にきていただき、大賑わいの2日間でした。
          また永石先生による秋の田んぼの生きもの観察会も開かれました虫眼鏡
          参加してくださったみなさま、どうもありがとうございましたありがとう

          9月20日(日)稲刈り第一日目
          きれいな青空です青空


          まずは鎌でひたすら刈り取っていきます。


          こちら年長さんのKちゃん!今年で2度目の稲刈りですにっこり
          去年はひたすら虫を捕まえるのに一生懸命でしたが、今年は上手に鎌を使って刈取り!さすがびっくり


          刈り取った稲を束ねて縛っていきます。
          刈るよりこちらの方が大変な作業です汗

          ちゃくちゃくと稲刈りが進みます!



          はざ棒を立てて、束ねた稲を干していきます。奥に見える刈り残しは明日のためにとっておきます。

          こちらはすっかり倒伏してしまった黒米。黒米は背丈が高いので、どうしても倒伏しやすいのです涙
          併せて刈り取ってくださいました。

          おっ!おっきなザリガニみっけザリガニ

          無事一日目終了です!どうも大変おつかれさまでした!
          みなさんとっても良い表情ですねきらきら



          9月21日(月・祝) 稲刈り第二日目
          今日もまたいい天気上がる
          昨日刈残しておいた稲を刈っていきました。

          永石先生も稲刈り!さまになってますびっくり

          ざっくざっくとどんどん刈って…。

          昨日のはざ棒の横にもうひとつはざ棒を立てて、干していきました。


          子どもたちもお手伝いどうもありがとう〜スマイル




          去年も稲わらを運ぶ手伝いをしてくれたHくん。今年も頑張ってくれましたグッド


          きれいに稲が並んで、いい風景ですね〜稲

          稲刈りがひと段落したところで、永石先生による生き物観察会。
          水田、湿地、ため池の生きものをわざわざ絵で紙に描いてきてくださいました。



          バッタとイナゴの違いなど、今回も興味深い内容でしたバッタ

          あ、田んぼの裏側にヤゴの抜け殻発見トンボ
          田んぼの作業をしていてもヤゴの抜け殻ってあんまり見かけないんですよ。

          最後にみんなでパチリ!どうもおつかれさまでした〜ありがとう


          ぐるぐる農園の稲刈りは、これからが本番でまだまだしばらく続きます。
          でもみんなで行う稲刈り作業が無事み、ほっとひと安心です。
          今回干した稲は乾くまで干しておきます。その後、脱穀、籾摺りを経てみなさんのもとにお届けする予定です。
          お届けまでにはまだしばらくかかるかと思いますので、気長にお待ちいただけると嬉しいです。
          新米、楽しみにしていてくださいねおにぎり

           

          田んぼのいきもの観察会&草取り

          0
            日にち:7月12日(日)
            内容:田んぼのいきもの観察会&草取り


            長雨がやんだかと思えば、ここ数日は急な猛暑です太陽太陽
            この暑さの中、田んぼのいきもの観察会と草取り作業をおこないました。
            今年は、生物多様性に詳しい永石文明先生をお迎えしました。

            午前中のいきもの観察会には、親子参加を中心に大人16人、子ども19人が参加にっこり
            永石先生を囲んで紹介からです。


            まずは、田んぼの中や周辺に生息する植物観察をしました草
            先生が手に持っているのは、浮草です。
            先生によると、一生懸命草取りをしているコナギは食べられるそうですびっくり


            子どもたちはどちらかというと動く生きものへの関心が高いようです。
            植物観察のあとは、各自田んぼの動物を捕獲し持ち寄って観察することになりました。
            さっそく永石先生自ら、持参してくださった網で水路の底をすくっています。
            何がいるだろうはてな

            さすが先生びっくり
            わずかひとすくいで、網の中にはザリガニやドジョウがわんさか
            農園主もびっくりのドジョウの多さでしたどじょう

            右端に見えるがドジョウです。
            その隣のおたまじゃくしも大きい!とのさまガエルかな。


            これはなんだ?と思ったらすぐ先生に聞けるのはいいですね。
            いきもの大好きのHさん、こどもたち以上に熱心です!


            ひと段落ついたところで、各自捕ったものを持ち寄り見せ合います。
            先生によるとザリガニも3日くらい泥抜きすればおいしく食べられるそうですザリガニ
            水路や田んぼに穴をあけてしまうため、むしろ積極的に捕獲した方がいいとのこと。
            タニシの醤油煮はすごくおいしいらしいです。


            こちらはおたまじゃくしからカエルになったばかりの赤ちゃんカエルカエル
            このあたりにはアマガエルとシュレーゲルアオガエルというのがいて、アマガエルは目の周りに黒い模様があるそうです。
            アマガエルはグワッ、グワッと鳴き、シュレーゲルアオガエルはキュルキュルと鳴くそうです。


            そうこうしているうちにお昼に近くなったので休憩です。
            この暑さでかなりバテている方も...。
            お昼ごはんは公民館で涼みながらいただきました。
            希望者は近所でカフェを開いているHちゃんがつくってくれたお弁当お弁当
            あらかじめぐるぐるのお野菜を仕入れてくれ、本日のお弁当の95佑呂阿襪阿詭邵擇箸里海函
            おいしかった〜。でも食べるのに夢中で写真を撮り損ねました涙、ごめんなさい!

            午後からは田んぼの草取り作業で、数人の方が残って作業してくださいました。
            本当にありがとうございました。


            そして、今回は田んぼに参加してくださっているTさんが手作りの小物を持参してくださいました。
            ぐるぐるのお野菜や梅ジャム、古代米も販売され、公民館はまるで小さなマーケットのよう...。

            折りたためるおにぎりケース(保冷剤も入れられる)や、手ぬぐい袋、どれも素敵でした〜音符
            また、近々独立してコーヒー焙煎店を始めるというMoさんのコーヒーもコーヒー
            今回は販売はありませんでしたが、次回機会があったら、ぜひ販売してもらいたいですね。


            余談ですが、生きもの観察会の翌日、Moさんのコーヒーをおやつにいただきました。
            すっきりとしているけど、深みがあり、とっても好みの味でした〜ハート
            本当においしかった!


            一緒に活動している友人、仲間たちが自らの手で育てたり、つくった心のこもった手作りのもの...。
            ただお金を払って買うという消費行為ではなく、それ以上の意味や大切さがあるように思います。
            手にするたびに、そしていただくごとにうれしさと幸せがこみ上げてきます感謝

            ぐるぐるのお野菜も、みなさんの食卓で、そんな風に思ってもらえるとうれしいなぁ。
            ここ最近、ますますそういう輪が広がっているように感じる今日この頃。
            『ぐるぐる手づくりマーケット』なんて開けてしまうのでは...。

            と妄想はこれくらいにして、次回のお知らせです!
            草取りがまだまだ終わっていません。
            7月18日(土)午前中に草取り作業をしますので、ご協力お願いします。

            7月中の草取り作業が、お米の収量や出来具合を大きく左右します!
            暑い中の作業となるかと思いますが、可能な方お待ちしております。


             

            代かき田んぼの田植え(6月21日)

            0
              作業日:6月21日(日)
              作業内容:代かき田んぼの田植え


              雨もちらほら降る曇り空の一日。作業をするにはちょうどよい気温でしたくもり

              去年まではこちらの田んぼも不耕起でお米を育てていました。
              今年はここで麦も育てたので、6月11日に麦刈り、その後耕うん、水を入れて代かきと準備をしておきました。

              ”勅茲
              今日もまずは苗取りから。
              苗代だった田んぼも今日で片づけたいので、全部苗をとってしまいます。

              しっかり根を張ってますね。


              ⊆蠖△┳始
              ある程度苗を取り終えたら、本日田植え予定の田んぼに運び、手植え開始です!
              先週の不耕起の田んぼと違って、穴をあける必要もギューっと土を寄せる必要もないので、はやく進みますにこにこ

              1〜2本植えで、30センチ間隔で植えていきます。
              慣行農法の田んぼと比べるとだいぶん疎植なので植えたては寂しい感じです。


              代かきをした田んぼは足がとられて歩きにくいですね汗


              同時に先週機械で田植えをした隣の田んぼの補植をしてくださっています。



              何か捕まえたかなはてな ザリガニ かえる おたまじゃくし

              こちらは年中さんお二人。釣り…ですか釣り



              作業終了予定時間の3時前。雨雨が降り始めました。
              でもあとひと息!

              かえるやザリガニやクワガタに夢中になっていたKちゃんでしたが、田植えにエンジンがかかりました!
              糸の目印のところに上手に植えられるかな力こぶ


              午後3時、予定通り作業終了くすだま!すばらしいですね。
              おつかれさまでした。


              解散後、管理人は苗代だった田んぼの代かきをしました。
              ここの田植えが近々終われば、晴れて今シーズンの田植えがすべて終了です。
              補植はまだありますが...。


              参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
              おかげさまで今年は滞りなく手植えの田植えを終えることができましたお礼

              さぁ、これから8月上旬までは草取りの日々です!
              よかったら週末に限らずお時間の都合のよいときに数時間でもご協力ください!
              共同作業日は、6月27日(土)、7月4日(土)で、もちろん草取りです。
              来月は生き物観察会もありますよ〜おんぷ
               

              不耕起田んぼの田植え(6月13,14日)

              0
                作業日:6月13日(土)、14日(日)
                作業内容:不耕起田んぼの田植え

                先週末、不耕起の田んぼの田植えを行いました稲
                2日間で終わりそうにないかなと思いましたが、参加してくださった皆さんのがんばりで終えることができましたばんざい
                おつかれさまでした!ぺこり

                それでは日を追ってご報告ですカメラ

                6月13日(土)
                前日まではこのように草ぼーぼーの状態だったところ、草を刈り準備をしました。
                草刈前 とても田んぼとは思えません汗

                矢印
                草刈後 わぉ、すっきり!


                そして13日。参加は大人6人と子ども2人の少人数でした。気温は30度越え!暑い一日でした太陽
                苗取り
                雑草を取り除きながら一本ずつ丁寧に取っていきます。


                穴あけ
                不耕起の田んぼなので、竹棒でグルグル穴を開けていき、そこに苗を植えていきます。


                植え付け
                穴に丁寧に根っこを入れてギュギュッと土寄せしていきます。
                時間がかかる作業です。


                あ、ザリガニ見〜っけ!まだ赤ちゃんだから逃がしてあげよう!


                手前は機械で植えた田んぼです。


                3時まで作業をがんばり、4列完了です。おつかれさまでした!
                明日終わるかな?


                6月14日(日)
                昨日とはうってかわって涼しい一日。
                参加者は、大人20人、子ども15人と大人数でにぎやかでした〜にっこり
                さて、早速作業作業!


                たくさんの人手のおかげで作業が着々と進みます!


                あ、植え忘れ!


                どんどんはかどります。


                お姉さんたちが苗取りをがんばってくれましたありがとう


                子どもたちはピクニック。巨大ズッキーニを持っておままごと中です。
                去年とはちがって、子どもたちだけの世界をつくってます宇宙
                成長を感じます音符


                あ、水カマキリ!苗取りをしていたお姉さんたちが発見びっくり
                私も初めて見ましたカメラ


                あら、こっちは?アマガエルがいっぱい!かえる
                おんぶしてるのもいるね〜。


                4時まで残って作業してくださったかたがたもいたおかげで、全部終了しました拍手
                大変おつかれさまでしたにっこり


                次回は6月27日、7月4月。田んぼの草取りです。半日の予定ですので、ご協力お願いします。

                また7月12日には、生き物や植物にとっても詳しい、もの知り先生をお招きして生き物観察会を行いますおたまじゃくし花
                きっと楽しいと思いますのでぜひ参加してくださいね〜。お待ちしてます。

                おまけ…
                今うちの周辺ではあじさいが満開あじさい
                夜にはほたるも飛び、とっても風情豊かな素敵な季節を迎えています。


                 

                お米の発芽と成長の記録/水路整備・清掃の報告(5月16日、17日)

                0
                  お待たせしました!ぺこり
                  種籾を蒔いてから5月19日現在までのお米の成長を、写真とともにご報告しますカメラ
                  お米は今年は以下のように分かれて育てています。それぞれ分けてご報告しますきらきら
                  1.手植え用コシヒカリ(田んぼトラスト用)
                  2.田植え機用コシヒカリ(田んぼトラスト用)
                  3.田植え機用イセヒカリ(保育園給食用、一部トラスト用)


                  そして5月16日(土)、17日(日)には水路の整備、清掃を行いました。
                  お米の成長の記録の下にそのときの報告を掲載していますので、併せてご覧ください。

                  お米の発芽・成長
                  1.手植え用コシヒカリ
                  前回ブログに掲載しましたように、5月2日に田んぼトラスト参加者のみなさまと一緒に田んぼに直接種籾を巻きました。
                  5月9日 発芽が確認できました芽


                  5月15日 5センチほどまで成長にこにこ




                  5月19日 10センチほどまで成長してます!
                  目覚しい成長の速さですねびっくり


                  2.田植え機用コシヒカリ
                  5月4日 種籾まき
                  5月7日 発芽確認芽→田んぼに移動し浸水

                  白いのが芽ですよ。

                  あらかじめ平らにしておいた田んぼに慎重に平らに苗箱を置いて、寒冷沙をかぶせます。
                  成長がばらけないよう、同じように浸水させます。

                  5月19日 8センチくらいに育ってますにっこり


                  3.田植え機用イセヒカリ
                  5月11日 種籾蒔き
                  5月15日 発芽確認芽→田んぼに移動し浸水




                  5月19日 5センチくらいに育ってます




                  水路の整備・清掃
                  急な作業への呼びかけにもかかわらず、土曜日には2人、日曜日には3人と子ども2人の方々が来てくださいました!
                  どうもありがとうございました。そしておつかれさまでした。おかげさまで水路の整備はほぼ終えることができました。
                  整備前の水路(写真奥)。草も生えて根がはびこり、これではうまく水が回りません。

                  ↓
                  整備後の水路。草なく深く掘られて、これで水回りがよくなります!


                  そして田んぼの畦の整備です。

                  草刈り機で刈り取った畦の草をあつめています。


                  集めた草は一輪車でてんこ盛りにして畑まで運びます。
                  きゅうりやズッキーニ、トマトの畝間に敷きマルチにしました。


                  お次は、畦から水が漏れていかないように畦シートをはりました。
                  まず、畦に沿ってクワで溝を掘っていきます。これがなかなかシンドイ〜。


                  その後、シートを溝の中に埋め込みながら張っていきます。


                  以上でご報告は終わりです。
                  次回の共同作業はいよいよ田植えです!
                   

                  2015年田んぼトラスト第2回活動−種籾まき&ラップサンドパーティ♪

                  0
                    作業日 : 5月2日
                    作業内容: 籾ふり(種籾まき)交流会(ラップサンドパーティ)

                    世間はGW真っ只中。
                    気持ちのよい青空の下、大人17人子ども15人が参加して作業に汗を流しました

                    今回は、田んぼに直播でコシヒカリの種籾をまく大事な作業でした。

                    昨年に引き続いて参加してくださっている親子も多く、子どもたちが昨年にも増してより積極的にお手伝いをしてくれていた姿がとても印象的でした

                    種籾まき
                    まずは、あらかじめ立てておいた畝の表面を平らにすることからはじめます。
                     各自スコップや板で大きな塊を砕きながら平らにならしていきます。


                     同時に覆土用の土をふるっておきます。
                     重いスコップやふるいもなんのその!



                    表面が平らになったら、いよいよ種籾をまいていきます。


                     種が重ならないようにまんべんなくね。


                     大きくなってね〜、と願いをこめて。


                     このような感じです。



                    種籾をまいたら、種籾が隠れる程度に薄く覆土します。


                     覆土用の土、ふるってくれてありがとう!


                    覆土が終わったら、籾殻薫炭をまきます。保湿と保温のためです。


                    最後に寒冷沙をかけておしまい!



                    交流会(ラップサンドパーティ)
                    そして近くの公園に移動して、いよいよお昼ご飯のラップサンドパーティ
                    お父さんたちが慣れたてきぱき火を起こしてくれ、小麦粉を溶いたものを焼いていきました。


                    焼いたものにみなさんが持ち寄ってくださった具やおかずを好き好きに挟んでいただきます
                    どれもおいしくて、箸が止まらず食べ過ぎました〜
                    みなさま、ごちそうさまでした


                    くつろいでますね〜


                    子どもたちは遊びに夢中。半裸族出現


                    ということで、楽しい一日でした。
                    参加のみなさま、大変おつかれさまでした。

                    次回は、6月13日(土)、14日(日)、21日(日) にいよいよ田植えです



                    無農薬自然栽培のお米づくり参加者募集!

                    0

                      今年で4年目となるぐるぐるスマイル農園の無農薬自然栽培のお米づくり。2年目からは耕作放棄田だった田んぼにお米の育つ風景をよみがえらせようと、トラストという形で参加してくださる仲間を募って、種もみ蒔きから一緒にお米を育てています。

                       

                      昨年は嬉しいことに親子で参加してくださる方も増え、子どもたちが泥んこになりながら遊んだり、お手伝いをしてくれるほほえましい姿も見られ、大賑わいのぐるぐる田んぼでした。

                      今年もまたお米づくりに参加してくださる仲間を大募集します!共に汗を流しつつ、ときには水田の生きもの観察会やBBQなど楽しいこともやりつつ、半年間に渡ってお米を育てる体験をしませんか?

                      自らの手で種もみを蒔き、手植えで大切に育て、最後ははざかけ天日干しにしたお米の味は、最高です!


                      参加条件は特にありません。年間通して様々な作業がありますが、田植え、草取り、稲刈りと、なるべく少なくとも3回程度は来ていただけたらと思います。自然の営みの中で稲の育って行く姿をぜひ見ていただきたいからです。お米を食べるときに感謝の気持ちが自然と沸いてくると思います。

                      親子でのご参加も大歓迎です!

                       

                      田んぼトラスト活動場所

                       比企郡ときがわ町日影

                       詳しくはお申込後にご案内いたします。


                      参加費

                      一口50m2分の分配で年間15,000

                      ※ぐるぐる農園メンバーは10,000

                      (昨年より継続の方は割り引きがあります)


                      ☆作業への参加は義務ではありません。お米を食べて応援して下さるだけでも結構です。

                      ※手や目が離せない小さいお子さんがご一緒の場合、できましたら作業が可能な方(お父さんorお母さん、おじいちゃんorおばあちゃんなど)も一緒に活動に参加していていただけると助かります。

                       

                      基本的な米づくりの方向性

                      ・経済効率を求めるのではなく、暮らしのための米作り、家事としての米作りを身に着けましょう。

                      ・農薬、除草剤、化学肥料は使いません。

                      ・機械もなるべく使いません。田植え、稲刈りも積極的に手でやります。

                      ・余計な資材もなるべく使いません。

                      ・収穫したお米は応分に分配します。品種はコシヒカリ。順調なら一口あたり1520kg(玄米重量)目安です。

                      ・このあたりのヤマにはイノシシが生息しています。万一被害をうけて収穫が少なくなっても、涙も応分の分担ということでご理解ください。同様に、台風などの気象によって収穫に影響を受けることもありますのでご理解ください。

                      ・野菜は家庭菜園でできるのに、米作りはいつのころからかプロの農家だけのものになってしまいました。経験も機械も設備もない素人でもできる米作りを目指したいです。経験と知識を身につけて、体も慣れて来るにしたがって、自給率を高めていきましょう。

                       

                      お問合せ・お申し込み

                      お名前、お子様の名前・年齢、住所、電話番号、メールアドレスを明記して下記までご連絡ください。

                      里山ぐるぐるスマイル農園 管理人中澤健一

                      Otento.san33@gmail.com TEL:090-3506-4542 FAX:0493-81-4890


                      年間の大まかな予定

                      天候や成長の具合に応じ日程を調整します。

                       4月 苗床準備、溝さらい  

                       5月上旬 籾ふり(種まき) 

                       6月上旬 田植え       

                       7月下旬 草取り 

                       9月下旬 稲刈り、はざかけ

                       11月上 脱穀、もみすり

                      ※上記で追いつかない草取りや草刈 7月上旬 草取りは管理人がやります。もちろん自主的な参加も大歓迎!


                      | 1/6PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << May 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM