スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.05.04 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    定例活動(2011年第2回、2/27)

    0
       天気: 気温:最高16℃、最低-2℃

      今日も朝からいいお天気!農園近くの梅の花がみごとに咲いてます。
      梅の花


      今回は炭焼講習から。ドラム缶で炭を焼く方法を学びます。
      炭焼講習

      河村家では、冬の間は毎週のように炭焼をしています。コタツの熱源で使うからです。
      2基のドラム缶釜を交互に使います。
      写真左は焼き終わって釜を開けたところ、右は木や竹をすでに詰め込んでセットした状態の釜。



      熱心に聴く参加者のみなさん。
      「いつか炭焼がしたいなあ・・。」

      火入れ

      セット済みの釜に火を入れます。焚き付け口に火をつけて、ひたすら扇ぎます。
      左はウチワですが、右は育苗箱を使って扇いでます。
      風が送れれば何でもいいんです。



      煙の色が白く変わるまで、40分くらい、交代しながらひたすら扇ぎます。

      30代後半の男子二人、仲良く扇いでます。
      「これから人生どうしようかと考えてるんです・・・」



      こちらは、もう一方の釜から焼きあがった炭を取り出します。
      釜が空っぽになったら、新しい材料(今回は竹)を詰め込みます。



      竹を切る人たち。ただ切るだけなのに、なぜか人を夢中にさせてしまうんですね。



      切った竹は4等分に割ります。専用の鉈で、いっぺんに4等分に出来ちゃいます。
      「気持ちいい!」と叫んでました。
      竹を割ったような性格、というコトワザの意味が良くわかります。



      割った竹を釜に詰め込みました。ここまでわずか一時間。人手が多いって素晴らしい!



      同時に、隣の釜もいい感じで煙の色が白く変わってきました。温度が上がってきた証拠です。
      焚き付け口の周辺に土をかぶせます。入り口の蓋も閉めます。
      あとは数時間後に、煙の色が透明になってさらに温度があがったところで、入り口に泥を塗って完全密封します。2〜3日後に釜を開けると、炭ができているはずです。


      お次は、温床作り講座です。寒い冬にも発酵熱のおかげで、野菜の苗作りが早くからできます。




      枠は、木と竹とワラだけで作ります。
      古いガラス戸を蓋にするので、大きさは1間×2間(180×360cm)。

      まずは、くいを打ちます。

      「えいやっ!」


      「とりゃっ!」

      ここぞとばかりに日ごろの鬱憤を晴らします。



      枠にする竹を鉈で割ります。こんな長い竹を割ることなんてなかなかないですよね。



      はい、気持ちよく割れました。


      杭に竹を縄でくくりつけていきます。


      枠が出来ました。ここまでわずか1時間、素晴らしい!

      あとは、竹の間にワラを詰め込んでいって、壁を作ります。


      ワラは通気性を確保しながら保温してくれます。


      こちらは料理班。採れたての大根を切ってます。



      大根、ニンジン、ネギとカボチャがどっさりのお味噌汁。
      今日もおいしくいただきました!
      「これが楽しみで来ています」なんて人もいたけど・・・、炊き出しじゃないですよ。


      お昼休みをはさんで、午後からは山の作業です。

      今日も、落ち葉集めと、


      竹の伐採をしました。


      伐った竹は粉砕機で竹粉に。今日は20kgくらいの袋が20袋近くできました。

      気温16℃、山で体を動かすと暑いくらいでしたね。
      マイペースでいいですよ、と言ってても、みんな作業を始めると夢中になりすぎて、終わり頃にはヘトヘト。明日は月曜日ですよ〜。

      今日も一日、おつかれさまでした!!
      (あ、集合写真撮るの忘れてました・・・。)

      参加者:計15名(定例メンバー8名、スポット参加3名、地元2名、講師1名、私1名)

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.05.04 Thursday
        • -
        • 21:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        みなさんお疲れさまでした!白取です。
        昨日はゆっくりしていたら、車隊に乗り損ね河村主将に送ってもらっちゃって、ありがとうございました。来月はたぶんカタクリの見ごろだそうで、遊歩道いいですよーっていうことでした。下里のバス停1つ手前で降りるといいようですが、方向おんちの私はちんぷんかんぷんでした。。。中澤さん、地図解説お手すきなときによろしくお願いします。
        帰りの東武は止まってましたが、みなさん無事帰れましたか??
        後藤さんとじっくり作業の復習ができました〜!
        ところで、基本的な質問ですみません。昨日いただいた竹チップは畑に敷いて雑草生えなくする、でいいんでしたっけ??
        あと、中澤baby生まれたら速報ください。
        昨日中澤さんと話ましたが、ぜひ中澤邸もみんなで改装しちゃいましょう!!でも、今週末はきっと生まれたてでドタバタでしょうね!!!
        • 白取
        • 2011/02/28 12:52 PM
         スポットで参加できなかったおっきー。です。けっこう頻繁に引っ越ししてるんですが、全部東京都内…という私のような者が植えている内容。
         次回は絶対に参加したい!!

         ところで、白取さんもおっしゃっている竹の粉って、何に使うんですか??
        • おっきー。
        • 2011/02/28 8:50 PM
        中澤さん、素早い更新ありがとうございます!
        昨日は山仕事日和でしたね。とても気持ちよかった&楽しかった&おいしかったです。

        白取さん、私たちはJRで遠回りして帰りました。白取さんは大丈夫でしたか?
        来月はカタクリの見ごろなんですね。がんばって早起きしようっと。

        河村さん、いつもありがとうございます!
        • 2011/02/28 8:56 PM
        コメントありがとうございます!
        あのあと、電車止まってたんですか?大変でしたね。
        カタクリの群生地は道の駅・埼玉伝統工芸会館の裏手、槻川を渡った仙元山の麓です。
        http://www.jalan.net/kankou/spt_11343ac2102013738.html
        3月下旬からカタクリが、4月に入るとニリンソウが咲いてくると思います。頑張って早起きしてきてください。早起きは三文得します。

        竹粉は実のところ初めて使うのですが、粉砕機のメーカーさんから聞いたところでは、密封して2週間程度おいておくと、乳酸発酵して、微生物の活動が活発になるので良い土壌改良材となるようです。現代農業なんかでも話題になってます。

        ただ、窒素分は期待できないようなので、肥料はなんらか補ったほうがよいようです。すきこんで使う場合には、しばらく置いてから定植したほうがいいと思います。

        ぐるぐる農園では、苗の定植のときに、マルチとして使おうと考えてます。
        • なかざわ
        • 2011/03/01 12:14 AM
        炭焼きしながら私も人生考えたかったです!
        行けなくて残念〜!炊き出しも逃した。。
        満開のカタクリを拝みに次回は行けますようにがんばります。。
        • おおつか
        • 2011/03/01 1:35 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM