5/20 ミツバチがやってきた!!

0

    ぐるぐる農園、こんどは養蜂部が発足しました。

    田んぼも畑も大忙しの時期ではありますが、野山に花の咲き乱れる今の季節がミツバチ導入の「旬」。

    ということで、養蜂部部長のハニーさんに見繕っていただいてミツバチを購入しちゃいました。
    そして、そのミツバチが、早速本日到着しました!

    なんと、ダンボールに詰められて、郵便局のゆうパックでお届けです。
    こんなものまで宅配されちゃうんですね。
    すごい羽音です。
    網に包まれてはいますが、心なしか、配達員のおじさん、おっかなびっくりな感じでした。



    段ボール箱にはちゃんと空気穴が開いてます。



    刈った草の上に、角材を並べて箱を設置。屋根となる波板を乗せて紐で縛り、重石も乗せておきます。巣箱の前面には人工芝を配置しました。

    一箱は女王蜂のいる群れ。もう一箱のほうは、増援用の働き蜂だけの群れです。
    あとで、この2群は合同する予定です。




    今日やることはあまりないのですが、箱を設置して、出入り口を開けること。
    その出入り口オープンです。



    メッシュになっている空気取り入れ口をふたして、
    つづいて、出入り口を塞いであったテープをはがします。



    すると、中からわさわさと出てきました!
    「ん、ここはどこだ?」

    九州は佐賀から、長旅でしたね。お疲れ様です。ほっとしたでしょう。



    おなかと背中が黄色い、典型的なミツバチのセイヨウミツバチです。
    手にとって見るととってもかわいいです。
    これから大切に育てていたいと思います。



    でも、一般的には作物の受粉交配用に販売されるこの手のミツバチたちは、受粉作業で働かされた後は、農薬などで弱ってしまうので使い捨てられてしまうそうです。なんともかわいそうな話です。

    ちなみに、在来のニホンミツバチというのもいて、このあたりでもよくみかけますが、まずは、養蜂技術が確立されていることから育てやすいと言われるセイヨウミツバチから、養蜂に慣れていきたいと思います。


    ミツバチの視点を通して、また違った自然界のサイクルが見えてくるんじゃないかなと期待してます。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.05.04 Thursday
      • -
      • 20:54
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      埼玉県内の農業/農園/農場/農家情報で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
      • 役立つブログまとめ(社会貢献)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓
      • 2012/05/29 5:07 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM